広島県 北広島町

ふぁーむbuffoの平飼いたまご 30個

寄付金額

15,000

在庫あり

一度に決済する返礼品数は3つ以内を推奨しております。
🔰ふるさと納税が初めての方、詳しく知りたい方はこちらでご確認ください。
ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。控除の対象となる寄付金額は、収入や家族構成などに応じて一定の上限がありますのでご注意ください。

数量

お問い合わせについて

支払い方法

  • クレジットカード

返礼品のご紹介返礼品のご紹介

北広島町大朝地域の平飼い養鶏農場・ふぁーむbuffoから、有精卵30個を返礼品としてお届けします。

ふぁーむbuffoは、農場主の岩崎奈穂さんが、1999年に北広島町の山の中でスタートした農場です。
循環型農業を目指し、平飼い養鶏や合鴨農法でのお米作りなどを行っています。

鶏は四面開放の鶏舎で育てていて、太陽の光が差し込み、風が新鮮な空気を運ぶ小屋の中を、平飼いの鶏たちが自由に走り回って過ごしています。
抗生物質、ビタミン剤、抗菌剤などの薬剤不使用。水は地下水、餌はトウモロコシなどの輸入穀物を使わず、糠や屑米、野菜のほか、時には酒粕やワイン粕など、地元で手に入るものを中心に与えています。
季節によって食べ物が違うので、卵の黄身の色も変わります。夏に色の濃い野菜をたくさん食べると鮮やかな黄色に、カボチャやニンジンをたくさん食べて濃いオレンジ色になることも。冬には大根や白菜を食べて薄いレモン色、それから野菜嫌いの鶏が産んだ卵は色が薄いこともあるのだとか。どんな鶏が、何を食べたのかな…一羽一羽のキャラクターが目に浮かぶような、ふぁーむbuffoの鶏たちを、楽しく想像してみてください。

鶏のフンは農場の田んぼで肥料にしたり、地域の農家さんに使ってもらったりしています。そこで出た糠・屑米・野菜などが、鶏の餌となることで、ぐるぐると自然に基づいた循環の中でサイクルが回っています。
北広島町の自然の中で、個性豊か、元気いっぱいに育った鶏の有精卵。安心して食べられるおいしい卵です。ぜひこの機会にお試しください。

【注意事項】
※サイズは不揃いです。ご了承ください。お料理に合わせてお使いください。
※生産の都合上、発送が遅れる場合があります

【保存方法】
冷蔵

返礼品詳細返礼品詳細

容量

■内容量/原産地
ふぁーむbuffoの平飼たまご[10個入×3パック]
 原産地:広島県北広島町

消費期限

【賞味期限】
生食の場合は産卵日より2週間
(賞味期限後は加熱してお召し上がりください)

アレルギー
品目

※アレルギー情報につきましては、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。
※提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
※提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

事業者

ふぁーむbuffo

返礼品ID

6128101

お申し込みについてお申し込みについて

申込条件

何度も申し込み可

申込期日

通年

発送期日 寄附お申込日から40日以内に発送
配送
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 別送不可

このページをシェアする

このまちについて知るこのまちについて知る

きたひろしまちょう北広島町

広島県の西北部、西中国山地の標高300メートルから800メートルの盆地、高原に広がる芸北地域のほぼ中央に位置し、北は島根県と接しています。また、広島都市圏から瀬戸内海の島々の水源地域で、太田川と江の川の源流域でもあります。

春の新緑、夏の清流、秋の紅葉、冬のウインタースポーツを求めて、大勢の観光客で賑わいます。古くから山陽と山陰を結ぶ中継地として栄え、中世には砂鉄の産地でもあり、戦国武将・毛利氏、吉川氏の遺跡群も数多く残るほか、神楽や田楽などの民俗芸能、ブナの森、湿原、動植物などの貴重で雄大な自然と田園文化が息づく町です。

北広島町では、全国から本町を応援していただける方の寄附を広く募っています。(負担付寄附を除く。)
※「負担付きの寄附」とは、単に用途を指定した指定寄附のようなものではなく、寄附に一定の条件が付され、当該条件に基づく義務の不履行があった場合には当該寄附が解除される等、負担となる条件が寄附の効果に 影響を与えるものをいいます。

※お礼品の贈呈は、町外に住民票をおいている方です。
※同一年内で複数回の寄附を行った場合でも、都度お礼品を受取る事ができます。
 (受取り回数の制限はありません)

自治体情報を見る自治体情報を見る

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

15,000

数量