✨✨対象自治体は還元率2倍🗾最大10%還元・付与上限なし🎁🌈キャンペーン実施中✨✨

和歌山県 印南町 【5%還元】

【限定】 富有柿 2kg~2.5kg 6個入 至高の逸品 約1000個に1個!【先行予約】【2024年10月末頃から発送】【KG5】

寄付金額

30,000

在庫あり

一度に決済する返礼品数は3つ以内を推奨しております。
🔰ふるさと納税が初めての方、詳しく知りたい方はこちらでご確認ください。
ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。控除の対象となる寄付金額は、収入や家族構成などに応じて一定の上限がありますのでご注意ください。

数量

お問い合わせについて

支払い方法

  • クレジットカード

返礼品のご紹介返礼品のご紹介

発送時期:2024年10月末頃から発送いたします。

【限定50箱】
至高の逸品! 日本一の柿の産地かつらぎ町よりお届け!

高級柿で知られる富有柿の中でも、まれにしか実らない極上玉を厳選してお届けいたします。
約1000個に1個の割合で選別される逸品です。

生産している農家さんは、かつらぎ町でもこだわり農家として有名です。
生産農家が自ら選果し、箱詰めまで行います。
一般市場には出回らない逸品で、贈答品として喜ばれています。

今回数量限定での出品とさせていただき、全国の柿ファンの方にご賞味いただき、かつらぎ町の柿をブランディングする一歩になればと思います。

滅多にない代物のため、常温保管がお勧めです!
富有柿は比較的日持ちする柿ですが、柔らかい柿がお好みの方は表面が少し柔らかくなってからお召し上がりください。
※直射日光のあたる場所や高温になる場所での保管はお避け下さい。
※腐らないように適度に管理してください。

こちらは和歌山県かつらぎ町との共通返礼品になります。
平成31年総務省告示第179号第5条第8号イ「市区町村が近隣の他の市区町村と共同で前各号いずれかに
該当するものを共通の返礼品等とするもの」に該当する返礼品として、和歌山県内で合意した市町村間で出品しているものです。

事業者名:道の駅くしがきの里
連絡先:0736-25-0155
関連キーワード:柿 かき フルーツ 果物 くだもの 食品 人気 おすすめ 送料無料

返礼品詳細返礼品詳細

容量

富有柿 2kg~2.5kg(6個入)
産地:和歌山県伊都郡かつらぎ町

消費期限

商品到着後5日~10日

事業者

道の駅くしがきの里

返礼品ID

6100803

お申し込みについてお申し込みについて

申込条件

何度も申し込み可

申込期日

~2024年10月15日

発送期日 2024年10月末頃から発送いたします。
配送
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍

このページをシェアする

このまちについて知るこのまちについて知る

いなみちょう印南町

和歌山県印南町について
印南町は、紀伊半島西部海岸のほぼ中央に位置し、総面積は113.62km2で、地形的には太平洋面して海岸段丘が広がっており、北東部では紀伊山地西端の真妻山、三里ヶ峰などの山々が連なっています。
また、三ヶ峰付近からは切目川が流れ、印南原付近からは印南川が町の中心部を流れて太平洋に注いでいます。

かえる橋
印南町は歴史も古く、数々の伝説や言伝えを残す歴史遺産が町内に多く点在するなど、観光面でも魅力を秘めたまちですが、その知名度は低く、大都市圏からの来訪者や定着人口の伸び悩み、若者人口の流出等課題も抱えていました。昭和63年度から平成元年度にかけて、国は、自治省を中心に「ふるさと創世」の起爆剤として「自ら考え自ら行う地域づくり」事業(1億円事業)を推進してきました。
印南町では、1億円事業として人材育成のため「かえる基金」を創設しました。更に、平成7年度「地域づくり推進事業」を財源に全国に類を見ない「かえる」をテーマとしたユニークな橋(かえる橋)を建設しました。多くの人々を招き入れ、町発展への願いを込めたものです。『努力、忍耐、飛躍』を象徴する ”柳に跳びつくかえる”(小野道風)をイメージし、「考える」「人をかえる」「町をかえる」「古里へかえる」「栄える」という5つの”かえる”にひっかけ、ネーミングしています。

印南町の農林水産業
本町は農林水産業が盛んな町です。農業では、温暖な気候を活かし、ミニトマトなど野菜を中心として、花卉のハウス栽培等も盛んです。
漁業は昔より盛んで、岩礁地帯の伊勢エビ等を対象とした刺し網漁業とアワビ、トコブシ、海草等の採貝漁業がおこなわれ、沖合ではイサキ、タイ等を対象とした一本釣りやイワシ等を対象とした敷き網(棒受け網)漁業、タチウオ、フグ等を対象とした延べ縄漁業で構成されています。

印南祭り
印南町を祭り一色に染める「印南祭り」。毎年10月2日、日高地方の秋祭りのトップを切って行われる、宇杉八幡と山口八幡両神社の合同秋季祭礼です。
宇杉八幡神社の祭礼は4台の屋台と神輿が勢いよく印南川に飛び込み、祭装束の男衆が肩まで水につかりながら川を渡る勇ましい祭り。一方の山口八幡神社の祭礼は6台の屋台と神輿が登場。屋台をぶつけ合いながら印南港まで御渡、浜辺では雑賀踊りや奴踊り、獅子舞が奉納されます。

自治体情報を見る自治体情報を見る

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

関連する返礼品 | “フルーツ類”

この返礼品を見た人は
こんな返礼品も見ています

30,000

数量