1周年感謝祭!全返礼品Amazonギフト券10%還元中! ▶︎

ぎふけんなかつがわし岐阜県 中津川市

このまちのご紹介このまちのご紹介

豊かな自然と歴史情緒溢れるまち

岐阜県の東南端に位置し、東は木曽山脈、南は三河高原に囲まれ、中央を木曽川が流れる自然豊かなまちです。
古くは、東山道、中山道、飛騨街道などの交通の要衝として栄え、中核工業団地の完成により、商工業都市として成長してきました。一方、豊かな自然環境のなかで算出される東濃桧は、伊勢神宮の式年遷宮で御神木として使用されるほど有名です。また、優れた農産物などを産出する農業地域でもあり、地盤産業の盛んな都市です。

まちからのお知らせまちからのお知らせ

○ワンストップ特例申請書について
・ワンストップ特例申請書は受領書と一緒にお送り致します。
・ワンストップ特例申請書は入金確認後30日以内に注文内容確認画面の【注文者情報】に記載の住所へお送り致します。
 住民票住所が返礼品の送付先と異なる場合は必ず備考欄に住民票住所をご記入ください。
【提出期限】2022年1月10日(必着)
【提出先】〒508-8501 岐阜県中津川市かやの木町2-1
     中津川市役所 政策推進課 ふるさと納税担当 あて

まずは動画で知るふるラボチャンネルまずは動画で知るふるラボチャンネル

お気に入り

再生アイコン

【極上の一品】岐阜県・中津川市の老舗料亭がおくる「飛騨牛ローストビーフ」

お気に入り

再生アイコン

【おやつにおすすめ!】濃厚なタレがたまらない岐阜県中津川市の「五平餅」

このまちの概要このまちの概要

総面積 676.45k㎡
人口 76459人
世帯数 31347世帯
WEBサイト
お問い合わせ 政策推進課ふるさと納税係
TEL:0573-66-1111
E-Mail:furusato-kifu@city.nakatsugawa.lg.jp
受付時間:平日:8時30分~17時15分

このまちの魅力このまちの魅力

馬籠宿

島崎藤村ゆかりの地「馬籠宿」
「馬籠宿」は「木曽路はすべて山の中である」の書き出しで知られる小説「夜明け前」を書いた島崎藤村ゆかりの地。中山道が中心部を横断し、江戸時代の面影を色濃く残す宿場町。石畳が敷かれた坂に沿って古い家屋が並び、間近に迫る山並みとともに、フォトジェニックな光景が広がっています。

栗きんとん

栗きんとん発祥の地「中津川」
山に囲まれた中津川は昔から栗の名産地として知られ、栗料理や栗菓子が旅人をもてなしていました。茹で栗を潰して砂糖を混ぜ、茶巾で絞る「栗きんとん」は中津川が発祥。ほんのりやさしい甘さで旅人を出迎えた栗菓子は、今でも多くの人に愛される逸品です。

苗木城跡

巨岩に築かれた天空の城「苗木城跡」
国指定史跡の山城跡で、2017年には「続日本100名城」にも選定。そんな苗木城跡の特徴と言えば、自然の巨岩がそのまま活用されている全国でも珍しい石垣です。道中で出合う、人の身長の何倍もある岩には驚きを隠せません。わずか一万石で天守を構えた珍しい城としても有名で、天守展望台からは大パノラマが望めます。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

4月上旬 / 苗木さくら祭り

国指定史跡「苗木城跡」に隣接する苗木さくら公園では、約700本の桜を楽しめます。期間中は屋台やイベントも開催。夜にはライトアップがあります。

4月中旬 / 杵振り花馬祭り

岐阜県重要無形民俗文化財「杵振り踊り」は、鮮やかな笠と衣装を身に纏い、約2kmの道のりを踊りながら安弘見神社を目指します。

5月上旬 / つけち“森林の市”~木のゴールデンウィーク~

地場産業である木工・建築業等のPRイベント。素材販売、ワークショップなど「木」をテーマに様々な催しが行われます。

夏夏

6月上旬 / 明治座クラシックコンサート

加子母地区にある芝居小屋「かしも明治座」では、東京藝術大学の学生やOBによるコンサートが行われます。桟敷に座って聴く、舞台と客席の一体感が魅力です。

8月中旬 / 中津川夏まつりおいでん祭

中津川の夏の風物詩「おいでん祭」。納涼花火大会で幕が開け、翌日の本まつりはパレードや風流おどり、創作神輿の練り歩きなど、会場は熱気で包まれます。

9月中旬 / 椛の湖そばの花まつり

岐阜県内最大級のそば畑一面に、真っ白な花が広がります。バザーやそばを使ったカフェなども出展します。

秋秋

10月下旬 / ふるさとじまん祭・菓子まつり

匠の技術が光る工芸菓子の展示をはじめ、中津川銘菓「栗きんとん」をはじめとするお菓子等をお得に販売します。

11月上旬 / 中山道三宿街道祭り

中津川市内にある中山道の3つの宿場町で、それぞれ祭りが行われます。馬籠宿では華やかな和宮行列の再現や、街道沿いに並べられた行燈を楽しむことができます。

11月上旬 / 夕森もみじまつり

夕森渓谷にある1万5千本以上の紅葉と美しい清流が織りなす光景はまさに必見。滝を巡りながらのウオーキングや、地元特産品、秋の味覚を堪能できます。

冬冬

12月上旬 / 東濃歌舞伎大会

地元の役者が演じる地域に根付いた歌舞伎を「地歌舞伎」といい、客席から飛ぶおひねりや掛け声は地歌舞伎ならではの楽しみです。東濃歌舞伎大会以外にも市内の保存会による定期公演が毎年行われます。

2月上旬 / 氷雪の灯まつり

冬の馬籠宿を彩るアイスキャンドルのイルミネーション。1年に2時間だけのゆらゆらと揺らぐ灯は、冬の街道を一層幻想的に映し出します。