しずおかけんふくろいし静岡県 袋井市

このまちのご紹介このまちのご紹介

袋井市(ふくろいし)は、静岡県西部の温暖な地域のまちです。東海道五十三次のどまん中「袋井宿」を中心に、古くから交通の便が良いまちとして栄えてきました。本市は最高級マスクメロンのブランド「クラウンメロン」や風味豊かな緑茶の産地としても有名です。豊かな自然と古い歴史に恵まれた袋井市。「活力と創造で 未来を先取る 日本一健康文化都市 ふくろい」の挑戦へのご声援をよろしくお願いします。

このまちの魅力このまちの魅力

マスクメロンの最高級ブランド「クラウンメロン」

「クラウンメロン」は、熟練生産者の高い技術と袋井市の温暖な気候により、1年を通して栽培しています。1本の木で1玉だけのメロンを愛情込めて育てた「クラウンメロン」は、最高級の甘さときめ細かな食感、気品あふれる香りが楽しめます。

小笠山総合運動公園 エコパスタジアム

緑豊かな自然に恵まれた小笠山に立つ「エコパスタジアム」。2019年には世界三大スポーツイベントの一つ、ラグビーワールドカップの試合会場として日本戦を含む全4試合で使用され、大きく盛り上がりました。スポーツ以外でも、音楽ライブ、グルメイベントなど様々なイベントの舞台となっています。

自慢の味 ふくろい茶

恵まれた気候と降水量、澄んだ空気、栽培に適した土質など、自然が生み出す好条件によってでき上がった良質のコクとうまみが自慢の緑茶です。茶の品種は「やぶきた」で、深蒸し茶を中心に緑茶を生産。袋井市のみの生産となる「きら香」は、葉は白色に近い黄金色、味は清涼感で爽やかな渋み、その中に甘みがあるお茶となります。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

6月上旬 / 遠州三山風鈴まつり

可睡斎、法多山、油山寺の遠州三山で、6~8月に同時開催される「風鈴まつり」。可睡斎は色とりどりの江戸風鈴、法多山は絵付けしたガラス風鈴に願いごとの札を、油山寺は南部鉄器製の風鈴。三山それぞれの風鈴の音色が楽しめます。

夏夏

8月上旬 / ふくろい遠州の花火

最大の特徴は、全国花火名人選抜競技会であることです。全国各地から選抜された花火名人が技術とアイデアを駆使し、自慢の花火を披露。本気の花火職人の技を目の当たりにできます。

秋秋

11月下旬 / 遠州三山の紅葉

重要文化財の建造物も多い三山の境内を、赤や黄色に染める紅葉シーズンには、多くの人でにぎわいます。重厚感ある建物を囲んで、真っ赤なもみじや鮮やかな黄色のいちょうが色を添えます。

冬冬

1月上旬 / 可睡齋ひなまつり

元々は人形供養のために持ち込まれたおひな様を飾りつけたことから始まった「可睡斎ひなまつり」は、1月~3月まで開催され、会場内に約3,000体ものひな人形が並べられます。