おかやまけんせとうちし岡山県 瀬戸内市

このまちのご紹介このまちのご紹介

瀬戸内市は岡山県の南東部に位置し、平成16年に牛窓(うしまど)町・邑久(おく)町・長船(おさふね)町が合併してできた人口約37,000人の小さなまちです。

江戸時代に朝鮮通信使の寄港地として栄えた古い街並みが残る市南部の牛窓町は多くの観光客が訪れる風光明媚な港町です。牛窓オリーブ園の高台から望む瀬戸内海の美しい眺めと優しい潮風は来訪者の心を癒してくれるでしょう。

市中部の邑久町では日本の朝日百選にも選ばれた虫明湾での牡蠣の養殖、水田地帯での稲作、丘陵地でのピオーネやシャインマスカットの栽培などが盛んです。

鎌倉時代より日本刀の一大産地として栄えた市北部の長船町は古くから刀鍛冶が盛んで、このたび800年ぶりに里帰りした国宝「山鳥毛」の山野が燃えるようにも見える複雑な刃紋は多くのファンを魅了してやみません。備前長船刀剣博物館にてこの地で古より受け継がれてきた刀剣文化をご鑑賞ください。

3町それぞれの魅力が詰まった瀬戸内市に是非一度お越しください。

このまちの魅力このまちの魅力

黒島ヴィーナスロード

瀬戸内市牛窓沖に浮かぶ黒島では、潮がよく引く干潮時にロマンチックな砂の道が現れます。3つの島が弓形につながった黒潮ヴィーナスロードは恋人たちのパワースポットと呼ばれ人気の観光名所です。

迫門の曙

日本の朝日百選にも選ばれた瀬戸内市邑久町東部に位置する虫明漁港から望む朝日は、空は真っ赤に燃え、海も島も黄金色に染まり、その景観は荘厳そのもの。

国宝「山鳥毛」

瀬戸内市長船町を中心とした地域は、鎌倉時代から日本刀の生産地として名を馳せており、このたびこの地で作られたとされる国宝「山鳥毛」が800年ぶりに里帰りしました。その山野が燃えるようにも見える複雑な刃紋は多くのファンを魅了してやみません。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

4月上旬 / 上寺山餘慶寺 さくら祭り

瀬戸内市の桜の名所でもある餘慶寺で約50本のソメイヨシノの花を楽しめます。

4月下旬 / 備前福岡の大市

約60店舗以上が参加し、市の特産品等が集まる他、「食べもの横丁」で地元グルメも楽しめます。

4月下旬 / 大賀島権現まつり

大賀島の客殿で「しゃぎり」が奉納され、神楽やだんじりがにぎやかに巡行します。

夏夏

7月中旬 / 牛窓海水浴場 海開き

前島を望む瀬戸内海の穏やかな浜は広くゆったりとしており、海水浴シーズンには海の家が営業しています。

8月上旬 / 牛窓花火大会

桟橋をメイン会場に、毎年約1800発の花火が夜空を彩ります。

8月下旬 / 喜之助フェスティバル

全国から糸操り人形劇のプロ・アマチュアの団体が参加し、多彩なステージを行います。

秋秋

9月上旬 / 牛窓 八朔ひな飾り

古くからの風習で、八朔に合わせて牛窓しおまち唐琴通り一帯を中心にひな飾りが飾られます。

10月下旬 / 牛窓 秋祭り

竜頭、船形のだんじり5基が町内を勇壮に練り歩き、神社等で「太刀踊」「唐子踊」が奉納されます。

11月上旬 / 備前長船 菊花展

瀬戸内市のシンボルでもある「菊」を一年がかりで苗から育て、大小約800鉢の様々な種類の菊花を展示します。

冬冬

11月上旬 / 瀬戸内牛窓国際交流フェスタ

華やかな民族衣装を纏った人々が行列を行う「朝鮮通信使行列」など数々のイベントが行われ、屋台で韓国料理も楽しめます。

1月上旬 / 打初式

日本刀に携わる職方の精進と無事故を祈願する神事で、一般参列者も「お祝い」として玉鋼を叩くことができます。

2月上旬 / 牛窓朝市ミニ牡蠣まつり

牛窓漁協直営の鮮魚販売のほか、産地の新鮮野菜、地元商店のこだわりの商品を販売します。