みやざきけんたかなべちょう宮崎県 高鍋町

このまちのご紹介このまちのご紹介

城下町に根ざした教育・福祉、豊かな高鍋町。

高鍋町(たかなべちょう)は、九州・宮崎県のほぼ中央部、東に日向灘、周囲を尾鈴山に連なる台地に囲まれた人口2万人程度の町です。
土地はおおむね平坦で、小丸川・宮田川に挟まれた平野部に市街地、その外側や台地に農業地帯が広がっています。
いにしえのロマン奏でる持田古墳群では「古墳祭」が催され、江戸時代の秋月3万石を支えた風情漂う城跡では、「高鍋城灯籠(とうろう)まつり」が開かれます。
ひとたび海に出れば、神秘的なアカウミガメの産卵風景を横目に、西日本有数のサーフスポットでサーフィンを楽しむ笑い声が響き、また、小丸川と日向灘の恵みに育まれた濃厚な天然牡蠣を求める人々が絶え間なく訪れます。
高鍋町は宮崎県内で最も小さいまちですが、周辺地域の拠点として行政機関、商業施設等が集中し、小規模ながら利便性の高い町となっています。


【ふるさと納税指定に係る指定制度について】
>>高鍋町はふるさと納税指定自治体です。 令和4年9月30日迄

===========================================

◎納税についてのお問合せ
>>宮崎県高鍋町 ふるさと納税担当
TEL:0983-32-5230

◎返礼品の内容・お届け先・お届け時期等についてのお問合せ
>>株式会社ヤミー・フードラボ
TEL:0983-26-0009

このまちの魅力このまちの魅力

サーフィン

高鍋町は県央に位置し、南北に10キロ以上続く長いビーチにいくつものサーフスポットが点在し、初心者から上級者までが楽しむことができます。

舞鶴公園

地形が、鶴の羽ばたく姿に似ていたことから、舞鶴城とも呼ばれた高鍋城の城跡にある公園で、歴史総合資料館などがあり高鍋町の歴史に触れることができる。4月には桜まつりが開催されたくさんの人で賑わいます。

高鍋大使

持田古墳群の霊を慰めるために故岩岡保吉翁が開山。八十八ヶ所札仏と岩岡氏
自身が刻んだ石像が700体以上あり、なかには6メートルを超える巨大なものも
あります。町北部の丘陵地に位置し、日向灘も一望できる絶景地。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

4月上旬 / 桜まつり

高鍋城址には約千本のソメイヨシノが植えられており、見ごろに合わせて桜まつりが開催されます。地場産品の販売をはじめ、弓道大会が開かれるほか、夜にはライトアップされた桜を楽しむことができます。

秋秋

11月上旬 / 餃子フェス

宮崎県内外の名店が集まる餃子フェス。毎年多くの方にご来場いただいています。

10月上旬 / 灯籠まつり