1周年感謝祭!全返礼品Amazonギフト券10%還元中! ▶︎

おきなわけんくめじまちょう沖縄県 久米島町

このまちのご紹介このまちのご紹介

沖縄県久米島町は、沖縄本島から西に約100㎞に位置する離島です。
平成14年、島にあった2つの村(具志川村、仲里村)が合併して誕生しました。
島の随所に優れた景勝地を擁するとともに、歴史的、文化的遺産や風土的景観にも恵まれ、島全体が県の自然公園に指定されています。
東洋一美しいと言われる砂洲「はての浜」は多くの観光客が訪れ、シュノーケルやダイビングなどを楽しんでいます。
また、「紬」は久米島が発祥の地と言われ、国の重要無形文化財に指定されています。エイサーや沖縄角力など、伝統行事も活発に行われ自然と文化が数多く残る『球美の島』です。

このまちの概要このまちの概要

総面積 63.65k㎡
人口 7,607人
世帯数 4,002世帯
WEBサイト
お問い合わせ TEL:098-985-7122
E-Mail:news_kumejima@furusato-kumejima.jp

このまちの魅力このまちの魅力

粒がそろった、上質な海ぶどう

久米島の海ぶどうは、生産量日本一。理由は、日本一の汲み上げ量を誇る海洋深層水にあります。地下612mから汲み上げられる海洋深層水は、雑菌が少なく栄養分が豊かで、水温が10度前後と安定。これをぜいたくに利用し、一年を通じて粒の大きさが揃った上質な海ぶどうを味わうことが出来ます。

生産量日本一!プロも認める車海老

東京・築地市場でもプロが一目を置くといわれる、生産量日本一の久米島・車海老。海洋深層水を利用して稚エビを育て、その後島内にある車海老養殖場で、大切に育てられています。甘みが強く、プリップリっとした車海老は、天然の車海老よりも病気を防いだ 適正な環境で育っているため、より安心・安全です。

国の重要無形文化財・久米島紬

久米島紬が重要無形文化財にも指定されているのは、一貫した手作業を一人の織子が行うところにあります。蚕から取った真綿でつむいだ糸を原料糸として、天然の草木、泥染めによって染色したのち、手糸を紡ぎ、丹念に手織りで織り上げるという熟練の技の数々。素朴でありながら、織子の魂の込められた伝統の紬には、他にはない美しさがあります。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

4月中旬 / 久米島ホタルまつり

世界に唯一、久米島だけに生息する「クメジマボタル」が見られる、貴重な時期に開催されるイベント。ホタル観賞ツアー以外にも、地元商店街でカラオケ大会や民謡ライブ・子ども達によるフラダンスなど、無料の体験も盛りだくさんです。

夏夏

6月中旬 / 沖縄角力(おきなわずもう)

沖縄県が琉球国であった王朝時代に、その歴史を語る伝統文化の一つで、方言では「シマ」と呼ばれ、 日本の大相撲とはルールが異なります。柔道とレスリングを混ぜたような沖縄角力、その取り組みには独自の迫力と魅力があり、観る者を魅了します。 久米島では、古くから人気のスポーツとして定着し、いつしか県下一の角力所と言われるようになりました。全県的な大会で優勝する力士を数多く輩出しています。6月~9月(島内では年5場所大会が開催されます。)

5月上旬 / ハーリー

沖縄のハーリーは、海の神様へ豊漁祈願や航海安全を祈願して、勇壮なハーリー(爬龍船競漕)が行わ れます。それぞれの地域によって、雰囲気も異なり、島中がハーリー一色になります。旧暦の5月4日(鳥島漁港・儀間漁港・真泊漁港で開催)

8月上旬 / 久米島町まつり

島人が一番盛り上がる一日!大綱引きやアーティストのステージ、ダンスや音楽など、夏祭りの醍醐味とも言える出し物が目白押しのイベントです。会場には、島内の飲食店が露店を出し、ビールや泡盛を片手に、久米島グルメも堪能でき、クライマックスに打ちあがる花火が、夜空を豪快に彩ります。

秋秋

9月下旬 / ハワイアンフェスティバル

久米島は、ハワイ州コナ市と姉妹都市。全国各地からフラチームが参加し、リゾートホテルを舞台に海風を感じながら、素晴らしいロケーションの中でイベントが開催されます。観光客も無料で入場することができ、屋外での飲食ブースもある為、まるでハワイにいるような雰囲気を感じることが出来ます。

冬冬

11月上旬 / シュガーライド

全国からリピーターの参加が多いサイクルイベントです。ぐるっと1周コース45Km、ぐるっと1周らくらく観光コース、島を2周回するアスリートコース100Kmを設定。島の南北によってそれぞれに異なる魅力を味わえ、離島への架け橋を渡り、椿咲き誇る林道を走るコースは、本格派アスリートやヒルクライマーを十分楽しませることができます。

11月下旬 / 日本一の車エビフェスタ

日本一の海洋深層水で育てた稚エビを養殖し、生産量が日本一の車海老は11月からの冬が旬。実際に塩焼きで味わったり、車海老のつかみ取り等、珍しい体験ができるイベントです。島人による音楽や踊りなどの舞台演出もあり、家族みんなで楽しむことができます。