さがけんかみみねちょう佐賀県 上峰町

このまちのご紹介このまちのご紹介

佐賀県東部にある小さな小さな町・上峰。近代化が進み、どの地方も同じような風景が広がっている現在でも、今なお日本の原風景をそのままに残しています。武将・源為朝を育んだ鎮西山から湧き出る清らかな水は、町全体へと駆け巡り豊かな土壌を作り上げます。
清らかな水に恵まれた肥沃な大地で育った作物や家畜は、もちろんどれも最高級。特に、町の南部で肥育を行っている黒毛和牛の最高級銘柄”佐賀牛”は、全日本牛枝肉コンクールにて名誉賞(農林水産大臣賞)を受賞するほどの逸品。口に入れた瞬間のとろけるような肉質は最高級A5ランクならではの食感です。

上峰町では、みなさまからいただいた寄附金を積み立てる「上峰町ふるさと応援寄附基金」を設け、4つの使い道の中から寄附者さまが指定された取り組みに沿って、有効に活用させていただきます。ひとつをご紹介します。 【宝を磨き活かすしごとづくりプロジェクト】 本町の特色である豊かな自然環境や文化遺産を保存・継承・活用し、これまで取り組んできた地場産業の振興を推進しながらも、協働による地場産品等のブランド化を目指します。また、企業立地等の推進による新たな雇用など住民が活き活きと活躍できる場の創出を目指します。

このまちの概要このまちの概要

総面積 12.8k㎡
人口 9705人
世帯数 3802世帯
WEBサイト
お問い合わせ 佐賀県上峰町 ふるさと納税担当
TEL:0952-37-5977
E-Mail:info@kamimine-furusato.net

このまちの魅力このまちの魅力

歴史と自然を楽しめる鎮西山

上峰町の北部に位置する、人気の展望スポット「鎮西山」。平安時代の武将・源為朝が鎮西八郎として九州平定の際、この山頂に城を築いたことに由来します。
標高約200mの山頂からは、佐賀平野や有明海はもちろん、遠く雲仙まで見渡すことが出来ます。山の一帯には「奥の院の滝」や「五万ヶ池」など、豊かな自然が楽しめます。

秋祭りの伝統 天衝舞浮立「米多浮立」

米多浮立(めたふりゅう)とは、江戸時代から伝承された上峰町米多地区に伝わる民俗芸能で天衝舞の一種。2年に一度、老松神社秋祭に奉納され、三日月の被り物と独特の衣装を纏った踊り手たちが勇壮に舞う姿を見ることが出来ます。また、この伝統芸能をもとに上峰町産のお米を「天衝米」としてブランド米とし、地域を応援いただいた方へお届けしています。

自然の恵みを存分に活かした「上峰町の特産品」

雄大な自然の恵みをたっぷりの特産品も上峰町の見どころのひとつです。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

4月上旬 / 鎮西山桜ライトアップ

LED投光器による、幻想の光に包まれる夜桜をご覧いただけるようになっております。 約千本の桜並木をご覧に、ぜひお越し下さい。

4月上旬 / ふれあいの森フェスタ

町のシンボルである鎮西山の魅力あふれる自然の中で、町内外の方々が交流できるイベントです。事前申込型のトレイルランニングと当日参加型町民向けウォーキングを同時開催します。ランナー、ウォーカー、サポーターだけでなく、どなたでも楽しめる企画もご用意しております。

秋秋

11月中旬 / かみチャリグランプリ

貸出し三輪車or自作三輪車で、短距離や2時間耐久レースが行われ、年々多くの人出で賑わいを見せています。レースの他にも、佐賀牛の激安販売や魅惑のグルメブース・抽選会などもあり、観戦だけでも楽しめること必至です。

11月上旬 / 上峰町民文化祭

上峰町の町民センターいっぱいに展示される作品展示、各協会クラブ及び小中学生・園児・一般町民の皆さんも参加し、踊りや歌、ダンスを披露する演技発表、そして最後に豪華景品が当たるお楽しみ抽選会もあります。

冬冬

3月上旬 / 王将戦

平成29年度から毎年開催されている王将戦。上峰町の料亭「大幸園」の王将の間にて白熱した対局が繰り広げられます。同時に大盤解説会や子ども王将戦も開催され、年々盛り上がりを見せています。 「写真提供:スポーツニッポン新聞社」