• ホーム
  • 幻の果実「じゃばら」のまち/和歌山県北山村特集

幻の果実「じゃばら」のまち/和歌山県北山村特集

特集バナー

日本で唯一の飛び地の村!和歌山県北山村。知っていましたか?
和歌山県なのに、和歌山県からちょっと離れてる!?

幻の果実「じゃばら」の生産地として、とっても有名なんです。
今回は和歌山県北山村の魅力をお伝えさせて頂きます!

村の魅力を一番知っている!役場の方が自ら出演して教える、北山村の魅力リポートもあります✨
お時間ある方は最後まで見てみてくださいね😊

日本唯一の飛び地 和歌山県北山村 

パラグラフ画像

村のことを一番知っている!村役場の職員さんが教える北山村<前編>

日本で唯一の飛び地の村!
和歌山県北山村役場の先輩後輩コンビが北山村の「一番」を体当たり取材!
「北山村には、めっちゃ”一番”があるんです!」

●絶叫必至!大自然を巡る驚異のアクティビティとは!?
●ゾクゾクが止まらない?謎の恐怖スポットに潜入!

パラグラフ画像

村のことを一番知っている!村役場の職員さんが教える北山村<後編>

●スリル満点!ココでしか見られない圧倒的絶景
●ココにしか自生していない村を救った幻の果実とは?

果たして、村の魅力を知り尽くした
役場職員が独断と偏見で選んだ村の一番とは!?

北山村の”一番”の
じゃばらはこれだ!

パラグラフ画像

苦くて美味い!じゃばらって?

じゃばらとは、ユズやダイダイ、カボスの仲間の柑橘類。

日本で唯一!和歌山県北山村に自生していた1本の木から「じゃばら」ストーリーは始まります。
専門家が調べてみると、じゃばらは、日本は勿論、世界に類のない新しい品種であることが分かったんです。
そこから北山村では、この1本の木を接ぎ木を行い成長させ、
今では村に5000本のじゃばらの木が栽培され、村の一大産業となりました。

元々は「邪気をはらう」ことから、「邪払(じゃばら)」という名前がついたと言われています。

酸っぱくて、ちょっと苦くて、やみつきになる美味しい果物です✨
是非一度試してみてください!

じゃばらを使った加工品が沢山!

パラグラフ画像

じゃばらの「にがうま」を使って、多数の商品が誕生!

じゃばらの味は、ドリンクにもお菓子にも、なんでも美味しいんですが、
それ以外にも面白い使われ方をしているんです!

なんと、「マグロのエサ」!
じゃばらをマグロの餌に入れる技術が開発され、
そんなじゃばら餌で育ったマグロは、生臭さが抑えられることが分かったんです。

和歌山県串本町のマグロと、和歌山県北山村のじゃばらのコラボ商品
晩酌のお供にいかがでしょうか?

北山村は自然たっぷり!

パラグラフ画像

北山村の大自然を生かした、素敵な返礼品も見てみてください。

村の97%を山林が占める、大自然と生きるまち 北山村。
美味しいじゃばら以外にも、素敵なアクティビティ体験が沢山あるんです。

北山村の大自然でリフレッシュしませんか?