ほっかいどうゆうべつちょう北海道 湧別町

このまちのご紹介このまちのご紹介

オホーツク海沿岸のほぼ中央に位置し、日本三大湖の一つであるサロマ湖に面する湧別町。豊かな自然環境に恵まれ、酪農・畑作を中心とした農業と、沿岸・養殖を中心とした漁業、町の面積の半分以上を占める森林を活用した林業など第一次産業が盛んな町です。7万㎡の広大な花畑に色とりどりのチューリップが咲き誇る“かみゆうべつチューリップ公園”は、国内外から多くの方が訪れる観光名所となっています。

まちからのお知らせまちからのお知らせ

■寄附金受領証明書について
 寄附金受領証明書は「登録情報」の氏名・住所で発行します。
■ワンストップ特例申請書について
 ワンストップ特例申請書は、申請を希望される方にのみお送りいたします。
■お届けの日時指定はお受けしておりません。
■長期不在のご予定や配送曜日希望等があれば要望欄にご記入ください。
 尚、長期不在等によりお礼の品をお受取りできなかった場合、再発送はできません。
 あらかじめご了承くださいませ。
■のし・包装・名入れのご希望はお受けしておりません。
■お申し込み後のお礼の品の変更は受けかねますので、ご了承ください。
■ご注文の状況によっては、一時的に品切れが発生する場合があります。
■事業者の都合により仕様などが変更される場合があります。
■色調が実物と異なる場合があります。
■写真はイメージです。小物類は商品に含まれません。
■お礼の品について
 お申込みいただける寄附回数に制限はございません。何度寄附をいただいても、その都度寄附金額に応じたお礼の品を贈呈します。なお、湧別町在住者については、ふるさと納税寄附はできませんので、あらかじめご了承ください。
■個人情報の取り扱いについて
 お寄せいただいた個人情報は、寄附金の受付及び入金に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。
 また、お礼の品の確認及び送付等を行うため「申込者情報」及び「寄附情報」等を本事業を連携して実施する委託会社に通知します。

このまちの魅力このまちの魅力

かみゆうべつチューリップ公園

1000種類以上ある球根の中から厳選して入荷し、毎年、デザインを変えて配列しています。咲き誇るおよそ200種70万本のチューリップと緑生い茂る堂々とした山、そして広い空が生み出す色のコントラストは「かみゆうべつチューリップ公園」ならではの光景です。見頃は毎年、5月中旬から下旬頃です。

流氷を間近で見ることができる龍宮台展望台

「流氷」は毎年1月下旬ごろ、オホーツク海沿岸に押し寄せてきます。オホーツク海と汽水湖であるサロマ湖を繋ぐ湖口に世界で初めてできた防氷提「アイスブーム」は、流氷の侵入を防ぎホタテやカキの養殖施設を守っています。「龍宮台展望台」から眺める冬のオホーツク海は北国を実感できる絶景ポイントです。

子どもから大人まで楽しめる遊園地

サロマ湖西岸の小高い丘の「Family愛ランドyou」はリーズナブルな価格で子どもから大人まで楽しめるアトラクションが揃っている遊園地です。日本最北端の観覧車からは、サロマ湖とオホーツク海が望め、隣接する道の駅「愛ランド湧別」ではサロマ湖を眺めながらのお食事ができ、お土産もお買い求めいただけます。4月下旬~10月上旬までオープンしています。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

5月上旬 / かみゆうべつチューリップフェア

かみゆうべつチューリップ公園(総面積12.5万平方メートル、作付け面積7万平方メートル)は、およそ200品種・70万本のチューリップで彩られます。園内を巡回する電動バスやお好みのチューリップを掘り取って販売するコーナー、湧別町内の飲食店が出店するフードコート、また週末には様々なイベントも行われます。  毎年、大勢の来園者が訪れる花の名所です。花の見ごろ(ピーク)は例年5月中旬から下旬です。

4月下旬 / 遊園地「Family愛ランドYOU」

愛ランドYOUは、サロマ湖西岸の小高い丘の上にある遊園地で道の駅「愛ランド湧別」に併設されています。グレートポセイドンやエアファイターなど子どもに人気のものから、日本最北端に位置し、海抜100メートルから見下ろす眺めの良い観覧車や、親子・カップルで楽しめる全長800メートルのゴーカートなど18種類の遊具を取り揃えており、ファミリーはもちろん、世代を問わず楽しめます。

5月中旬 / ゆうべつ五鹿山マラソン

最大斜度24度もある五鹿山スキー場の麓から頂上までを登り下りしながら駆け抜ける過酷なレースです。レースに出るのも、観るのも楽しさ満点です。

夏夏

6月下旬 / サロマ湖100kmウルトラマラソン

100kmコースは湧別町をスタートし、50kmコースは佐呂間町をスタートして、ゴールの北見市常呂町を目指してサロマ湖の雄大な自然の中を駆け抜ける鉄人レースで、過去にはワールドカップ大会として開催された日本を代表する人気のあるウルトラマラソン大会です。

7月中旬 / 屯田七夕まつり

屯田兵の隊列行進がオープニングを飾り、親子やお友達と楽しめるイベントやステージショー、花火大会などで賑わうお祭りです。道の駅「かみゆうべつ温泉」に隣接する上湧別百年記念公園で行われます。

7月下旬 / 湧別サロマ湖龍宮えびホタテまつり

三里浜キャンプ場で行われるお祭りで、「ホッカイシマエビの早食い競争」や飛び入り大歓迎の「龍宮亀引きトライアル」などユニークな催しのほか、ホタテやえびの販売コーナーなどがあります。

秋秋

9月下旬 / 湧別町産業まつり

小中学生対象の「鮭のつかみどり大会」や「オホーツク人間ホタテ引き大会」「歌謡ショー」「ヒーローショー」などのイベントや、秋の味覚を地元特別価格で提供する「海産物即売会」「農産物即売会」なお、さまざまな催し物が行われるお祭りです。

11月下旬 / 牡蠣まつり

湧別漁業協同組合主催で毎年全国牡蠣の日(11月23日)に合わせて開催されます。特産の牡蠣販売や朝水揚げした新鮮な魚などを販売。潮の香りと牡蠣の旨味が凝縮された蒸し牡蠣がリーズナブルな価格で食べられ、オホーツクの冬の訪れを肌で感じることができる催しです。

9月中旬 / サンゴ草群生地(鶴沼原生花園)

サロマ湖の西側に位置するサンゴ岬。この岬の鶴沼という場所にサンゴ草の群生地があります。正式名称は「アッケシソウ」。毎年9月中旬には真っ赤に染まります。昭和32年に北海道指定天然記念物に指定されています。駐車場から小さな吊り橋を渡るとそこが鶴沼。約2万平方メートルもの広さに渡って群生しています。

冬冬

2月下旬 / 湧別原野オホーツククロスカントリースキー大会

白銀の湧別原野で開催されるオホーツクの冬のビッグイベントです。遠軽町から湧別町までのワンウェイコースで、5キロから国内最長80キロまでの豊富な7コースが用意されており、体力に合わせて出場することができます。

1月下旬 / 流氷・アイスブーム

毎年1月下旬になると、流氷がオホーツク海沿岸に押し寄せてきます。サロマ湖内に流入してきた流氷によりカキやホタテの養殖施設が破壊されて大きな被害を受けることも多く、湖内への流入を防ぐ「アイスブーム」が世界で初めて作られました。龍宮台展望台は流氷が間近に見られる絶好のポイントで、前浜展望台は湧別漁港内に設置され、流氷を見た後、隣接する湧別漁業協同組合直営の「オホーツク湧鮮館」で新鮮な海産物・加工品をお買い求めすることができます。

3月上旬 / 五鹿山スキー場まつり

冬の代表的なスポーツであるスキーやスノーボードを通して、心身ともに健康で、雪と楽しく触れ合ってもらおうと開催されるお祭りで、大回転やスノーボードのタイムレースやお菓子まきや輪投げなどのアトラクションも行われるお祭りです。