いわてけんくのへむら岩手県 九戸村

このまちのご紹介このまちのご紹介

九戸村は、北上山地の北部に位置する人口5,600人の小さな村です。ヒメボタルが乱舞する眺望に優れた折爪岳や水芭蕉や睡蓮が咲き乱れる四季の美しい自然に恵まれ、森林資源を生かした工芸品も有名です。ブロイラー産業も盛んで鶏肉の生産量は岩手県№1(岩手県は全国第三位)であることから、「キングオブチキン九戸」を全国に発信しています。また、日本一の生産量を誇る「甘茶」や「山わさび」の産地で、夏には九戸祭り、秋にはかぼちゃ祭りで賑わい、戦国時代最後の武将・九戸政實の生誕の地として、地域の誇りとなっています。

このまちの概要このまちの概要

総面積 134k㎡
人口 5500人
世帯数 2150世帯
お問い合わせ 九戸村役場IJU戦略室
TEL:0195-42-2111
E-Mail:m-sekiguchi@vill.kunohe.iwate.jp
受付時間:8時30分~17時30分

このまちの魅力このまちの魅力

冬は九戸村営スキー場で遊びつくす!

子どもや初心者も安心して楽しめるファミリースキー場。
近隣市町村はもとより県外からもスキーヤーが訪れています。
ペアリフト1本、ナイター設備完備。コースは3コースあり、全コースでスキーだけでなくボードの走行が可能です。

①パノラマコース 900m。最大斜度30度
 最長滑走距離が楽しめるパノラマコース。エキサイティングな滑りを体験できます。
②ダイナミックコース 滑走距離650m・最大斜度24度
豪快な滑りを楽しみたい人向けのナイターコース併用です。
③カラマツコース 滑走距離700m・最大斜度20度
斜度は最大で20度というゆるやかさで、初心者でも安心のコース。

スキーのあとはふるさとの館に泊まって暖まろう!

くのへスキー場に隣接し、宿泊・味処として親しまれているふるさとの館は、
低料金の宿泊施設で「南部かっけ」や「ひっつみ」など心温まる郷土料理を味わうことができます。
また、大浴場のふるさとの湯っこには、サウナや露天風呂など7種類の風呂があり日帰りの入浴としても楽しめます。
ほかにもふるさと創造館、4コース36ホールのパークゴルフ場と、四季を通じて代表するスポットとなっております。

帰りは道の駅の産直施設「オドデ館」で買い物♪

道の駅「おりつめ」は、八戸自動車度九戸ICから久慈市に至る主要地方道沿線にあり、
折爪岳を眺望できる休憩スポットとして人気があります。

そこに隣接する産直施設「オドデ館」では、村の農家さん達が作った野菜を安く買うことができるのでオススメです♪
他にも伝統工芸展蘭スペースや、屋台。レストランもあるので是非立ち寄ってみてください。
※オドデ館は現在増築工事のため、仮設店舗での営業となっております。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る