ふくおかけんむなかたし福岡県 宗像市

このまちのご紹介このまちのご紹介

北九州市と福岡市のちょうど中間に位置する宗像市は、四塚連山と玄界灘に囲まれ、松林の美しい海岸線と4つの離島を有しています。その自然豊かな環境から、新鮮な海産物や農産物など多種多様な食に恵まれた地域です。

このまちの魅力このまちの魅力

世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

2017年7月、古代から引き継がれる自然崇拝の信仰と伝統が現存する稀有な物証として評価され、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は世界遺産に登録されました。
九州本土から約60km離れた沖津宮(沖ノ島)と、中津宮(大島)および九州本土に位置する辺津宮の三宮を総称して宗像大社といい、天照大神の3柱の御子神、宗像三女神が祀られています。

九州売り上げNo.1 道の駅むなかた

「道の駅むなかた」では、物産直売所やおみやげ館、レストランが併設されており、季節の旬の食材を使用した催し、地域の団体と連携したイベントも催されています。
買い物・食事・体験スポットとして利用され、宗像の美味しいものが充実しています。

ゆったりと流れる島時間 宗像大島

世界遺産「宗像大社中津宮」と「沖津宮遙拝所」のある大島は、福岡県の中では一番大きな島。自然や島ならではのゆったりとした時間を味わえます。大島は周囲が15kmなので、車はもちろん自転車で周ることもできるので、自然を感じながらのドライブやサイクリングにぴったりの島です。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

3月上旬 / 九州オルレ 宗像・大島コース

福岡県内で最初のオルレコース「宗像・大島コース」。神湊港渡船ターミナルから約25分の船旅を経て渡り、大島を巡ります。 大島には、世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群に認定された、宗像大社中津宮や沖津宮遙拝所があります。さらに、空気が澄んだ晴れた日には、一般的には上陸できない「神宿る島」沖ノ島を望むことができます。 また、大島は、山林や原野が島の大半を占め、四方を海に囲まれた自然いっぱいの場所です。自然を満喫しながら、ゆっくりと散策が楽しめます。(3月~5月)

4月下旬 / 火渡り柴灯大護摩供

鎮国寺は弘法大師(空海)が日本で最初に創建したと伝えられる真言宗最古のお寺です。また、「花と祈願の寺」と言われるほど年間を通じて美しい花々を楽しめる名所としても大変有名です。 鎮国寺では、毎年4月28日の柴灯大護摩供、毎月27・28日の護摩供奉修を行います。柴灯大護摩供とは、野外で行う護摩供のことで、普通の護摩供とは規模が異なります。また、火の収まった炭の上を裸足で歩き渡る“火渡り”もあわせて行われるので、火渡り柴灯大護摩供といいます。

4月下旬 / サニックス・ワールド・ラグビー・ユース交流大会

毎年4月28日~5月5日の間で、高校単独チームによる世界で唯一国際大会が宗像市にあるグローバルアリーナで開催されます。国内の各チームとイングランド、ニュージーランド、南アフリカなどの強豪国の海外チームが頂点を目指して争う大会で、未来のワールドカップやオリンピックの各国代表選手を見ることができるラグビーファン必見のイベントです。会場では、スコットランドのバグパイプバンドの演奏も披露され、美しい音色を楽しめます。(4月下旬~5月上旬)

夏夏

7月中旬 / 田熊山笠

夏になると、市内各地域で山笠が行われます。大きな山笠がまちを颯爽と走る姿は大迫力。地域の人たちが山笠を色とりどりの飾りで彩ります。また、地島では、船に乗せて移動させる一風変わった山笠が見られます。

8月上旬 / 大島七夕まつり

七夕伝説発祥の地といわている宗像市・大島。七夕祭は鎌倉時代から行われています。同大社中津宮の境内に流れる「天の川」をはさんで牽牛神社・織女神社が祀られ、8月7日(旧暦7月7日)、盛大にお祭りが行われます。

秋秋

9月上旬 / 漁師まつり

宗像漁協が総力を挙げて開催する年に1度のまつり。新鮮な魚の直売や魚のつかみ取り、玄海灘クルージングなどが行われます。

9月中旬 / ブルガリアフェスティバル

グローバルアリーナを舞台に、宗像市の友好交流都市であるブルガリアのカザンラックから民族舞踏団を招いて、ブルガリアを中心とした世界各国の音楽や踊り料理が楽しめる国際色豊かなイベントです。

10月上旬 / 宗像大社秋季大祭・みあれ祭

宗像三女神を祀る宗像大社では、国家鎮護、五穀豊穣、大漁に感謝する秋季大祭を3日間にわたり開催。10月1日に開催されるみあれ祭では、沖津宮と中津宮に祀られる女神様を漁船の大船団がお迎えし、九州本土にある辺津宮にお連れする圧巻の海上パレード(海上神幸)が行われます。(10月1日~3日)

冬冬

2月中旬 / 赤間宿祭り

毎年2月下旬の週末2日間、旧唐津街道赤間宿の通りが歩行者天国となり、古民家や酒蔵が一般開放されます。露店の出店や花嫁道中などの催し物が開催されます。