きょうとふかめおかし京都府 亀岡市

このまちのご紹介このまちのご紹介

美しい霧のまち 亀岡

京都府亀岡市は京都市の西となりに位置し、京都駅からおよそ20分。周囲を美しい山々に囲まれ、暮らしやすく、豊かな自然と美味しい水に恵まれたまちです。
また、古くから城下町として栄え、足利尊氏や明智光秀など日本の歴史が変わる発信点となったまちでもあります。 秋から春にかけては、亀岡盆地一帯に発生する「丹波霧」が、亀岡を象徴する風景として知られています。
特に朝方、かめおか霧のテラスから望む「雲海」は素晴らしく、絶景をお楽しみいただけます。

新たなランドマークとしてサンガスタジアム by KYOCERAが完成しました。約21,600人の観客収容能力を誇り、Jリーグ 京都サンガF.C.のホームスタジアムとして活用されるほか、サッカーやラグビーなどの国際試合が開催可能な施設であり、音楽や地域振興など、府内最大級のイベント会場として活用が期待されています。


★ABCテレビ「頂!キッチン」で亀岡牛特集!
👉「頂!キッチン」×ふるラボ限定レシピ付き 亀岡牛の返礼品はこちら


★ABCテレビのニュース情報番組「キャスト」で 亀岡牛が紹介されました!
👉「亀岡牛特選霜降り 焼肉用」 500g ☆祝!亀岡牛生産者 最優秀賞受賞
👉「亀岡牛特製 ローストビーフ」 300g ☆祝!亀岡牛生産者 最優秀賞受賞
👉「亀岡牛特選霜降り すき焼き用 」500g ☆祝!亀岡牛生産者 最優秀賞受賞
👉その他の亀岡牛の返礼品を見る

まちからのお知らせまちからのお知らせ

ワンストップ特例申請書
ワンストップ特例申請書は受領証明書と共にお送りいたします。
ワンストップ特例申請書は入金確認後2週間程度で、住民票住所へお送り致します。

■ワンストップ特例申請書の郵送先
〒621-8501 亀岡市安町野々神8番地
亀岡市役所 ふるさと納税担当

まずは動画で知るふるラボチャンネルまずは動画で知るふるラボチャンネル

お気に入り

再生アイコン

【美味】極上のすきやきに・・・柔らかな赤身と脂が優しい甘みの亀岡牛 京都・亀岡市【わが街ええもん物語】

このまちの魅力このまちの魅力

霧のまち

亀岡市は、京都盆地(京都市)に隣接する「もう一つの盆地」です。
四方を山に囲まれた亀岡盆地では、晩春から初春にかけて「丹波霧」と呼ばれる深い霧が発生し、朝霧が盆地いっぱいに雲海のように広がり幻想的な霧の風景を見ることができます。

霧が育む京の台所

丹波霧や山々から湧き出る水が美味しい野菜やお米を育み、さらには、寒暖の差により旨味が凝縮された亀岡牛も産出するなど、古くから京の都に京野菜などの旬の食材を提供し、「京の台所」として京料理を支えてきました。

世界に誇れる環境先進都市へ

「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」から海洋プラスチック汚染の解決に向けた取り組みを進め、廃棄される予定のパラグライダーの生地で作られた巨大エコバッグを駅前に展示するなど、アイコニックな発信を足がかりに全国初のレジ袋禁止条例を施行し、SDGsの観点からも世界に誇れる環境先進都市を目指しています。

すべての返礼品を見るすべての返礼品を見る

季節のイベント季節のイベント

春春

3月上旬 / 亀山城下ひなまつり

江戸時代や明治・大正時代から思い出とともに大切に受け継がれてきた「おひなさま」を城下町の店舗や町家に飾って公開しています。華やかで愛らしい「おひなさま」と出会いながら、城下町の風情を感じ、ゆっくりと城下町を散策してください。

4月上旬 / 亀岡さくらまつり

さくらが一斉に開花するこの時期を「亀岡さくらウィーク」とし、夜桜のライトアップをします。 桜の名所である七谷川沿いの「さくら公園」にて「亀岡さくらマルシェ」を開催します。当日は飲食ブースが並び地元のおいしいものが集結します。

5月上旬 / 亀岡光秀まつり

戦国時代の知将 明智光秀は初代丹波亀山城主として丹波亀山を治め、今日の亀岡の基礎を築きました。この光秀公の遺徳を偲び、市民あげて顕彰する亀岡市最大規模の春まつりです。毎年5月3日には光秀公の勇壮な武者行列を再現する「明智光秀公武者行列」が城下町周辺を練り歩きます。

夏夏

6月下旬 / 丹波亀岡ききょうの里

明智光秀公の首塚が祀られている谷性寺(こくしょうじ)の門前で開催されるききょう園。約7,000㎡の敷地に、光秀公の家紋であるききょうの花が咲き乱れる姿は全国的にも珍しいスポットです。谷性寺には光秀公の座像が安置されていて、無念の最後を遂げた知将の面影をたどることができます。

8月上旬 / 亀岡平和祭保津川市民花火大会・亀岡大踊り大会

亀岡市が「世界連邦平和都市宣言」を宣言したことを記念する行事として、毎年8月に平和祭を催しています。メイン行事として、6日に亀岡大踊り大会が開催され、丹波音頭など郷土色豊かな踊りがにぎやかに踊られ、7日には平和祈念式典が挙行され、その場で採火された「平和の灯」を種火として、11日に保津川市民花火大会が開催されます。

8月上旬 / 佐伯灯籠(人形浄瑠璃)

京都御所から薭田野神社に灯籠が下賜されたのを祝い、五穀豊穣を願う地域のまつりとして始まりました。国の重要無形民族文化財に指定されています。農作業の様子を表す人形が飾られた5基の灯籠がみこしとともに地域を練り歩きます。「台灯籠」と呼ばれる小さな舞台では人形を操る浄瑠璃が演じられます。

秋秋

10月上旬 / 京都丹波 亀岡 夢コスモス園

約4.2㏊の面積に約800万本のコスモスが風にそよぐ姿は圧巻。丹波亀岡の味覚が一堂に集結する「丹波味わい市」やユーモラスな作品が盛りだくさんの「創作かかしコンテスト」など1日中楽しめるイベントがいっぱいです。ドッグラン併設なのでワンちゃんとも一緒にお楽しみいただけます。

10月下旬 / 亀岡祭

丹波の祇園祭とも呼ばれる亀岡祭。23日の宵々山、24日の宵宮では、提灯の灯りが山鉾を照らす中、オリジナルあんどんの点灯などさまざまなイベントが地域をあげて行われます。祭のクライマックスである25日の本祭は、11基の山鉾が旅籠町に集結し、城下町を華やかに巡行します。

11月上旬 / 紅葉ライトアップ

朝晩の風が冷たくなった秋には街中の木々が色づき始め、一層その美しさが増します。市内の紅葉の名所では夜にはライトアップされ、昼間の美しさとはまた違った、幻想的な紅葉の姿を見ることができます。混雑も少ないのでカメラを片手にぜひ紅葉狩りに出かけてみてください。

冬冬

11月下旬 / 京都丹波KAMEOKA夢ナリエ

谷性寺(こくしょうじ)門前の「ききょうの里」で、電飾のトンネルや青色に包まれた空間、ピンクや赤、黄色の多彩な灯りが足元に広がるエリアなど、さまざまな風景を楽しめるイルミネーションが輝き、子どもたちが夢を描いた「絵行灯」も並びます。

12月上旬 / 京都亀岡ハーフマラソン

豊かな自然と緑に囲まれた亀岡の清々しい空気を味わいながら、初冬の丹波路をランナーたちが疾走します。大会当日はゆるキャラも応援にかけつけてくれます。おもてなし出展ブースもあり大会会場周辺はとても賑わいます。

2月下旬 / Jリーグ開幕

亀岡市の新たなランドマークとして、Jリーグ 京都サンガF.C.のホームスタジアムである「サンガスタジアム by KYOCERA」があります。約21,600人の観客収容能力を誇り、京都サンガF.C.のホームゲーム開催時には熱い戦いが繰り広げられます。