• ホーム
  • 食欲の秋はもうすぐ!秋の果物の女王ブドウ特集

食欲の秋はもうすぐ!秋の果物の女王ブドウ特集

特集バナー

夏から秋に旬を迎えるジューシーなブドウ。日本では100種類以上の品種が栽培されています。
畑、木、枝、房、粒、風の向き、葉一枚一枚への太陽の当たり方、同じ品種でも
一房一粒に光る個性が出てきます。
今年はどんなブドウに出会えるでしょうか?果物の女王ブドウと贅沢な秋をすごしませんか?

緑の宝石
シャインマスカット

パラグラフ画像

シャインマスカットはなぜここまで人々を魅了するのでしょうか?その理由は!

シャインマスカットが人気を集める理由
◆◆皮つきでもたべられる◆◆
シャインマスカットの皮は薄くて柔らかく、かつ渋みが少ないので皮ごと食べても味にほとんど変化はありません。
シャクシャクとした触感がクセになる方も多いのではないでしょうか。
◆◆糖度15度以上の甘さ◆◆
シャインマスカットの糖度は15~17度ほど。栽培方法によっては20度 近くになることもあります。
実はブドウ品種は、ほかの果物より糖度が高い傾向にあります。(メロンの平均糖度は15度)
フレッシュさもあり、甘くても後味すっきりなのも魅力の一つです。
◆◆一粒15グラムの大ぶり◆◆
ブドウ界の巨人”巨峰”と同じサイズ!

紫の宝石
巨峰・ピオーネ・デラウェア

パラグラフ画像

デラウェア・巨峰・ピオーネ。その違いは粒の大きさが違うだけ?

「デラウェア」は適度な酸味もあり、さっぱりと食べることができます。小粒でプチプチした触感を楽しみましょう!
「巨峰」はブドウ界の巨人。甘くて1粒1粒が大きいので食べ応えがあります。ちなみに「巨峰」の名称の由来は日本一高い山富士山にちなんでつけられています。
日本で一番栽培されているのも巨峰です。
「ピオーネ」は巨峰と見た目は似ていますが、
より、粒が落ちにくく、日持ちがします。甘さの中にさわやかな酸味があり、スマートさが特徴。
イタリア語で「開拓者」という意味なんだそうです!

毎日ブドウを楽しみたい

パラグラフ画像

果物の中でブドウが一番好き!でも秋の一時期しか食べられないのが残念・・?  

「ブドウ」を果物として生で食べる時と、お菓子やお酒等加工品として食べる時とでは、
求める美味しさ、雰囲気が違ってきます。
朝はブドウジャムのトースト・ジュースでリフレッシュ!おやつはブドウを使った焼き菓子・洋菓子・和菓子。
夜はワインとチーズで・・・
贈り物でも「ブドウ」効果でランクアップ。
リッチな毎日を過ごしましょう。
万能選手「ブドウ」は、いろんな姿で大活躍です!加工品でも「ブドウは女王」なのです。